おるたな気分

おるたな気分

ただ好きを発信する

『あんぱん食べたら手術は延期』手術前の絶飲食は大切です。

f:id:ayuupi:20190604203010j:plain

 
手術前に、何も食べたり飲んだりしてはいけないのはなぜですか?
 
麻酔中に嘔吐すると大変だからです。
そのために胃の中を空にする必要があります。

手術前の絶飲食は、全身麻酔のときには大切なことです。

患者さんには必ず守っていただきたいことでもあります。
 

術前の絶飲食の目的は『誤嚥性肺炎』を防ぐこと

胃の中に食べ物や水分が残った状態で麻酔をすることは危険を伴います。

胃の内容物が逆流して、肺の中へ流れ込むことで誤嚥性肺炎を起こす可能性があるからです。

また胃の内容物が気管に入った場合は、窒息してしまいます。

それを防ぐために胃の中を空にする必要があるので、必ず守って下さいね!

 

絶飲食の基準:食事8時間、飲水2時間以上前

どのくらいの絶飲食時間で胃の中が空になるのかは状況によって異なります。

強い痛みがあったり、緊張している人は、いつまでも胃の中に食べ物が残っていることがあります。

麻酔のガイドラインには、絶飲食の時間として下記の規定があります。

術前絶飲食ガイドライン

食事:8時間前、水やお茶:2時間前

これを基準にして、絶飲食時間が病院ごとに定められています。

(例)21時以降絶食など

 

食べてしまったら正直に言いましょう

最も危険なことは”本当は食べてしまったのに、食べていないと嘘をつくこと”です。

何も食べていない人と同じ麻酔が行われると大変なことになる可能性があります。

もし食べてしまったのなら正直に言いましょう。

手術時間がズレるか延期になるか、だと思います。

安全に手術をおこなうためには大切なことです。

 

あんぱん食べたら手術は延期です

手術前の絶飲食は、全身麻酔において非常に大切なことです。

全身麻酔中は強い薬を用いて、術中に身体が動かないようにしています。

そんな状況の中で、嘔吐してしまうと大変です。

  • 食べ物で喉が詰まって窒息する。
  • 肺に流れると重篤な肺炎になる。

命にかかわる事態になりかねません。

術前の絶飲食は、必ず守るようにしましょう。