おるたな気分

おるたな気分

ただ好きを発信する

MENU

越智啓太『恋愛の科学』好きな人と両思いになるための心理学

 

恋愛に関する本でオススメがあるとすれば、

越智啓太さんの『恋愛の科学』です。

さまざまな研究結果から、

恋愛を科学的に証明した内容になっています。

今回の記事は、その中の恋愛成就にフォーカスして書きます。

春は出会いの季節といいますし、卒業のタイミングで好きな人に告白をする人もいますよね!

そんな方にはぜひ参考にして欲しい内容です。

恋愛において最も難しいのは〇〇

  • みなさんは、恋をしたことがありますか?
  • 好きな人ができたことはありますか?

恋をして、好きな人ができると、その人と付き合いたいと思いますよね。

でも、そのためには愛の告白をしなければなりません。

そう!!!

恋愛初期における最大の難関は『告白』

私にだって、甘酸っぱい思い出はたくさんあります。

告白って、男性から女性のイメージが強いと思いますが、告白に関する国内の研究によると男女で大きな差はないよう。

つまり、女性から男性への告白も頻繁にされているんです!!

 

わが国の告白成功率とは

どのくらい告白がされて、どのくらいの成功率があったのか。

という研究が2004年(栗林さんの研究)にされています。

彼の研究によると、

(高校生の場合)

  • 男子の告白経験率:51.42%
  • 女子の告白経験率:48.28%
  • 男子の成功率:52.78%
  • 女子の成功率:48.78%

(大学生の場合)

  • 男子の告白経験率:57.89%
  • 女子の告白経験率:59.46%
  • 男子の成功率:64.86%
  • 女子の成功率:57.14%

大学生の方が成功率が高いのは、高校生よりも活動が開放的だからなのかな。

著書の中でも、なぜ高校生の方が成功率が低いのかはあまりよくわからないと書いてありました。

しかし、大学生になるとアルバイトできるし、上級生との交流や他大学との交流も増えて活動の範囲も広がるからその影響は大きいと思います。

個人的な見解として、

  • 接する人の数が増えるから好みの人を見つけやすい。
  • 高校生よりも時間とお金の余裕があるから、ふたりの関係性を築きやすい。

だから結果として、告白の経験率と成功率が高くなる!というわけです。

 

「好きです、付き合って下さい」が最強ワード

いざ、告白となったとき頭を悩ませるのが今後のふたりの関係性。

もし相手が自分の告白を受け入れてくれたら2人の未来は大きく広がります。

しかし、告白が失敗してしまった場合、2人の関係性は今よりもぎくしゃくしたものになるかもしれません。

まさに関係形成への期待 VS 拒絶への懸念なのです。

 

ではどのように告白すれば成功するのか。

この問題を検討したのが2001年の研究です。

(内容)

19種類の言語的告白メッセージを片思い状況、両思い状況という異なった状況下で聞いた場合、どのような印象を抱くかを調査したもの。

 

告白の種類は主に3パターン

19種類の告白は、統計的な分析によって3つのグループに分類されました。

1,単純型

・好きです、付き合って下さい。

・いつも、あなたのことを考えています。付き合って下さい。

・ずっと好きでした。付き合って下さい。

2,懇願型

・一生のお願いだから付き合って。

・絶対に幸せにするから付き合って下さい。

・オレ(私)じゃダメ?

3,理屈型

・君と話をするだけで幸せになるんです。付き合って下さい。

・最初に会った時からずっと好きでした。付き合って下さい。

・あなたの笑ったところが好き。付き合って下さい。

(結果)

もっとも告白後の関係が進展しそうなのは、単純型。

もっとも効果がないのは、懇願型でした。

片思い状況でも、両思い状況でも効果が大きかったのは単純型。

余計な理屈抜きで正面からぶつかっていけ!ということです。

 

好きです!だけでは物足りない

「好きです!」と単なる好意の表明だけでは、成功率はさほど高くなりません。

それは、相手に”何がしたいのか。”ということが伝わりにくいからです。

「付き合って欲しい」とか「デートして欲しい」とかだったら、明確な回答選択肢(Yes or No)があるので、回答に迷うことはありません。

つまり、好意の表明+何がしたいのか(付き合いたい等)をペアにして告白するのがベストなのです。

 

出会って3ヶ月以内に告白すべし! 

わが国の告白成功率を調べた栗原さんですが、告白に成功した人と失敗した人のデータ分析から、告白の成否を左右する要因をいくつか見つけています。

そのひとつが、『知り合ってどのくらいのタイミングで告白すれば良いか』というもの。 

(結論)知り合って3ヶ月以内

告白するなら早いほうが良いということです。

 

知り合って13ヶ月以上になると、失敗の確率がグンと上がります。

友人や知人の関係を維持してしまうと、それなりの関係で安定してしまいます。

また告白によってその関係を壊してしまうというリスクも発生してしまうため、なかなか難しいのです。

 

告白の成功確率を上げるふたりの関係性

告白するなら早いほうが良いとはいっても、告白に影響するのは時間よりも関係性。

単なる時間経過ではなく、その間に相手とどのような関係を築いたのかが重要になります。

例えば、お互いに話したこともない状況であるならば、いくら一緒にいる期間が長くても、かなりの確率で玉砕してしまうのは確かです。

 

では、ふたりの関係性がどの程度になったら告白のタイミングなのか?

(結論)

ふたりでプライベートな時間を共有すること。

”用もない”のに会ったり、電話したり、メールしたりすること。

 

ここまで来たら、告白のチャンスです!

逆に、ここまでに至っていなければ、まだ告白は早いということです。

 

告白の時間は、夜を狙え!

告白の時間帯が、成否に影響を与えるとは考えにくいですが、もっとも成功の確率が高かったのは夜。

18時以降の時間帯だったそうです。

夜間は比較的時間の余裕もあり、それなりに雰囲気の良い場所でかつ気持ちの余裕がある状況で告白が行われていると考えられるからです。

 

最後に

告白を成功させるための秘訣!!

  1. プライベートな時間を共有できる関係性を築く。
  2. 知り合って3ヶ月以内に告白。
  3. 18時以降、告白ワードは『好きです、付き合って下さい』

私も今までに、好きな人に告白をして、失敗したことが何度かあります。 

その時の状況を振り返ると、全然上記の状態ではなかったことがわかります。

失敗すべくして、失敗したと言えるでしょう。

 

この条件の中で、一番むずかしいのはプライベートな時間を共有できる関係性ですよね。

ここまで来たら、誰だって勝確ですもん!!!

関係性を深めるひとつの手段として、『Weトーク(会話術)』を紹介します。

恋人がいる人も、いない人も使える内容で、メンタリストDaigoさんが動画内で紹介していた内容です。

▼関連記事▼

ayuupi.hatenablog.com

恋愛のカタチって千差万別だから、だから面白いんだよね。

歳を重ねても、トキメキを感じながら生きていたいな。